千葉県茂原市の葬儀について - 鎌ヶ谷で行える葬儀の種類と特徴

千葉県茂原市の葬儀について

房総半島にある千葉県最大の面積を誇る茂原市は、工業都市とのどかな田園風景が広がっているという二つの顔を持つ大変住みやすい街です。この茂原市の葬儀が昨今変化しつつあります。

魅力の高い茂原で葬儀をご提案いたします。

まず千葉県の葬儀においては千葉市のような東京にも近い大きな街では葬儀後に火葬を行うことが一般的ですが、茂原市のような房総半島にある街ではお葬式の前に火葬を行うことが多いです。

そしてお葬式に際しても、近所の人が手伝ってくれる葬式班や葬式組といった古くからの慣習が残っています。
また亡くなった人が長寿を全うした時は長寿銭といった5円玉ポチ袋に入れて配るような習わしもあります。



こういった古いしきたりが残っていた茂原市の葬儀でも、近年は家族葬を行う家が増えています。

家族葬とは文字通り、子供や孫などの親戚やごく近しい人のみで行うお葬式で、近所の人にてつだってもらうこともありません。故人が生前に家族葬を希望している場合も多く、残された家族に負担をかけたくないという思いが大きいようです。

子供たちが東京などの大都市に出ていることも多く、近隣住民との付き合いが少ない場合従来通りのお葬式では子供達が負担に思うことに配慮しています。


また、人生の最後は親しい人のみにおくられてひっそりと旅立ちたいと考えている人も多くいます。

そのため茂原市の葬儀会社でも家族葬に力を入れるようになっています。



今後益々こういった小さな規模のお葬式を希望する人は増えていくでしょう。